先日(12月13日)1970年代の福生が舞台で、その福生のライブハウス「UZU」がモデルになったミュージカル「ア・ソング・フォーユー」を観覧して来ました。

私役のライブハウスのママさんが登場すると聞いていたので、ワクワクしながら拝見しました。
ステージは横田基地のフェンスをバックにライブハウスのカウンターと楽屋のセッティング!!
福生の空に響くジェット機の爆音から舞台が始まった。1970年代の世の中で起っている戦争など、色々な事に反発しながらメッセージを持ったロックを歌いたいと夢見ながら、福生にやってくる一人の若者(征司)から物語が始まった。そう言えば当時は征司と同じような夢を持った若者が福生には沢山集まっていた時代だった。
そして私もその中の一人だったと思い、大変懐かしく拝見しました。

ミュージックは全編にカーペンターズが心地よく流れ、楽しい時間が流れました。
現在のUZUも当時とは根本的に変わらないのですが、このミュージカルを見て素晴らしい華やかなスターの皆さんが福生のUZUを想像して演じて下さった事に心から感謝しております。
そして私自身、これからももっと成長してゆきたいと元気を頂きました。
残り少ない公演となりましたが、是非皆さん新国立劇場に足を運んでご覧下さい。

UZU永里子

entry_song

entry_song_ura

entry_song_shinbun

entry_song_backstage